をゐなり日誌 in September, 2007


最新の日誌

<< < 2007/09 > >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

[最新の日誌] [タイトル一覧] [最新見出し] | [日誌について] [旧日誌目次] | [掲示板]
分野別一覧 [CivCTP対戦] [Civ] [今日の一言] [読書] [買い物] [リリース] [nDiary]


2007/09/01 (土)

§ Revision: 1.3 [今日の帰宅時間:おやすみ][年間累積歩数:2152206歩(1076.10Km)]

今日のをゐなり

§ もう、いくつ寝ると...
今年も、あと122日

§
8時頃起動。今日は出かける。

§ 羽田まで
とりあえず逗子まで出て、新逗子に行って京急で羽田空港まで。逗子から新逗子まで歩いている間にかなり雨が降ってきた。今日は蒲田での乗り換えがうまく行かず、快特で羽田到着。本日は北よりの風で、使用滑走路は離陸がC(34L)、着陸がAまたはC(34R/L)の冬パターン。とりあえず、第2ターミナルの送迎デッキで撮影。その後、保安検査場を通過。

§ 羽田-伊丹
本日の機材はJA706A。今年4回目で、いずれも羽田-伊丹線での搭乗。定刻通りの13時にドアクローズして、13分にはC滑走路(34R)から離陸した。離陸後すぐに右ターンしたが、すぐに雲の中。一旦、雲の上に出たが、サンドイッチの具の部分で、すぐにまた雲の中へ。2回目の雲の上でようやく青空に到達。静岡を通過する辺りでようやく地上が見えるようになった。その後は雲が多いまでもなんとか地上が見えていたが、紀伊半島の真ん中辺りから再び雲が増えて地上が見えなくなった。
着陸に向けて高度を下げたため、奈良辺りで地上が見えるようになった。古墳があちこちにあるのがよく分かる。奈良から山を越えて大阪に入ったところで急に気流が悪くなり、上下左右にかなり揺れた。子供が騒ぎそうなものだが以外に静かだった。大阪城を左下に見ながら伊丹空港にまっすぐ侵入。今回は機首をちゃんと滑走路に向けていたが、スクリーン上の滑走路がゆらゆらぶれまくり。結構難儀しながら55分に着陸。

§ 伊丹空港
遅い昼食に南ターミナル1階の551蓬莱で冷麺。冷麺と言っても冷やし中華。その後、滑走路北側の公園を目指すが、時間が足りなくて断念。南ターミナルの送迎デッキで撮影。30分前に保安検査場を通過。

§ 伊丹-松山
機材はA320。A320は初めて乗る。JALで去年A300-600Rには乗ったので、2回目のエアバス機搭乗。機内は3-3配置の単通路機。B737-700には収納式の液晶モニタがあり、保安設備の説明はビデオだったが、A320ではモニタがないので客室乗務員による実演だった。
定刻前にドアクローズして、15時56分にB滑走路(32L)から離陸。飛行時間は40分ほどということもあり、飲み物は希望者のみのサービスで飴の配布のみ。もっとも、かなりの人が飲み物をもらっていたようだ。
離陸後すぐに左ターン、その後右ターンで大阪湾へ。その間、薄い雲を抜けたせいか、気流がちょっと悪い。なんとか地上は見えるが、薄雲がかかっているので見えにくい。
機は瀬戸内海から山陽地方の陸上を飛行し、松山の手前で左ターンして瀬戸内海を渡って四国側へ。松山空港の南に回り込んで滑走路32に16時33分に着陸した。

§ 松山空港
到着後、滑走路の南側、滑走路32端に向けて移動。着いてみると、離陸も着陸も逆方向の滑走路14になっていた。2機ほど着陸する機体を撮影してから今度は滑走路の北側、滑走路14端の方に移動。帝人の向上などを見かけながら海の方にいってみたが、あまり撮影にいいところがない。結局、空港の送迎デッキ(無料)で撮影。この時点で離陸は滑走路32、着陸は滑走路14となっていた。もう薄暗いので、D80で撮影できるぎりぎり。羽田まで搭乗する機体の到着を撮影して引き上げ。

§ 松山-羽田
機材はJA707A。これは国際線に使用している機材のB777-200ER。同じ国際線機材のB767-300ERと違って、共通のモニタがない。そのせいで、保安設備の説明はまた客室乗務員による実演だった。前の方のビジネスシートの席ならゆったりしているが、乗ったのは通常のエコノミークラスなので、国内線とあまり変わらない。横方向は国内線の3-4-3に対して3-3-3と1席少ないので多少ゆとりがあるはずだし、縦方向も列数が少ないのでゆったりしているかもしれないが、あまり実感はない(*1)。モニタがないから離着陸時の映像もないし、機内でのビデオサービスもない。B767-300ERの方がその辺りはマシだった。B777の国際線機材は前方席じゃない限りあまりうれしくないかも。

§ 羽田から
京急リムジンバスでYCATまで移動。その後、夕食を食べるところを探したが、迷いに迷って結局駅構内のNEWDAYSでサンドイッチを2パックと紅茶パックを買って横須賀線の車内で食事。

§ おまけ・今月のANA期間限定ドリンク
7、8月はマンゴーとリンゴだったが、9月は大分産のかぼすと日田梨のジュース。説明に寄ればかぼすの酸味と梨の甘みがマッチするとかなんとかあったが、1回目に飲んだ時にはゆずかレモンのジュースみたいな酸味しか感じなかった。2回目に飲んだ時には若干甘みを感じたような気がする。

今日の1枚

§ ANA B777-281(JA706A)
ANA_B777-281_JA706A
本日、伊丹まで搭乗した機体。これは伊丹空港の脇のスカイランド原田で撮影したもの。
その他の同機体の写真はFlickrの検索結果を参照。なお、現時点で今年一番多くの回数乗ってる機体。まあ、羽田-伊丹線に乗る機会が多いのでしょうがないか。

*1: 一応、国内線仕様のB777-200は415席でうちSSPが21席だが、国際線仕様のB777-200ERは306席で付加料金無しのビジネスシートがうち35席

2007/09/02 (日)

§ Revision: 1.1 [今日の帰宅時間:おやすみ]

今日のをゐなり

§ もう、いくつ寝ると...
今年も、あと121日

§
9時過ぎ起動。午後に出かけようと思っていたが、昼寝している家に寝てしまった。

§ 風林火山
おもしろいのだが、相変わらず歴史的事実と異なる(*1)部分があるようだ。原作小説がそうゆう演出なのだろうか。

§ 油川夫人が出てきて禰津御寮人が出てこない
前に大河ドラマになった新田次郎の「武田信玄」では里見となっていた禰津御寮人が出てこない。もっとも、Wikipediaで調べると、実在しなかったのではないかという説もあるので、それ自体は問題ないのか。油川夫人は恵理となっていたか。

§ 小山田信有が生きている
劇中で田辺誠一が演じる小山田信有だが、実は砥石崩れの時に重傷を負い、2年後に死んでいる。のだが、あらすじを確認すると、なんと次回に不名誉な死を迎えるようだ。なにか哀れだ。同じく砥石崩れで亡くなった横田備中高松は取り上げてもらえなかったので、それよりマシなんだろうか。

*1: まあ、歴史的事実が本当に事実かどうか分からないが。

2007/09/03 (月)

§ Revision: 1.1 [今日の帰宅時間:0:10頃][年間累積歩数:2160609歩(1080.30Km)]

今日のをゐなり

§ もう、いくつ寝ると...
今年も、あと120日

§
7時35分頃起動。今朝は晴れ。昨日に続いて過ごしやすい陽気。

§ 朝電車
ぼけっと出勤。品川駅ナカの本屋で買いだし。下車駅のパン屋で昼食の買い出しをしてから出社。

§ 昼休み
食事は買ってきたパン2個と、買い置きの春雨スープで。

§ 夜休み
会議があってまた夕食遅延。買い置きの春雨スープと魚肉ソーセージで。

§ 夜電車
ぼけっと終電3本前で帰宅。

今日の出来事

§ ANA 2007年9月の実績
7/31時点の保有機数が合わない。B747-400の数が1機多い。他もいくつか帳尻が合わないが、8月の登録機とかが混ざっているのだろうとは思う(*1)。でも、ANAのB747の退役は4月だったはずだけど。各種の資料を見ても、7末時点のANAのジャンボは21機のはずなのに、なぜ22機なのだろう(*2)

[リリース]今日のリリース
Norton AntiVirusウィルス定義ファイル
2007/09/02 rev.6版(#72489) 対応ウィルス数73655
Intelliigent Updaterでアップグレード
[買い物]今日の買い物〜文庫、書籍
岩井恭平/ムシウタ 00.夢の始まり【文庫】
ISBN4-04-428818-1【 えきねっと(bk1) / bk1 / amazon / Jbook / 紀伊國屋 / 楽天
タイトルからすると外伝か。
日本の旅客機2007-2008【書籍】
ISBN4-87149-979-8【 えきねっと(bk1) / bk1 / amazon / Jbook / 紀伊國屋 / 楽天
昨年号に続いて購入。
今日の1枚

§ 富山空港を離陸するA320
富山空港に離陸するA320
今日の1枚は富山空港を離陸するA320を撮影したもの。昨日、月刊エアラインを見ていたら、ブラジルでのA320の着陸失敗して建物に突っ込んで炎上した事故の続報が出ていたので、なんとなく2000m級滑走路とA320というところで取り上げてみた。
Wikipediaの記述では滑走路が2000mに満たないことをことさらに取り上げている様だが、1940mあれば事実上2000mだろう。また、A320の標準的な着陸滑走距離は約1500mであり、問題の便がブラジル国内線であることを含めて考えても、滑走路として問題ないと考えられる。写真で取り上げた富山空港なぞ、2000mだが大型機のB777-200が着陸している(*3)
事故原因については調査中のために不明だが、着陸地点そのものは通常通りだったことと、パイロットが何らかの理由で停止しきれないと見て着陸復航しようとしたことは確認されている。また、片方のスラストリバーサー(いわゆる逆噴射)が正常に動作しなかったらしい(*4)
その後、日本のマスコミの興味が薄れて報道されなくなった上に、那覇空港での中華航空機(チャイナエアライン)の炎上事故のせいですっかり忘れられてしまった。しかし、街中の空港(*5)というのは国土の狭い日本にはいくつかあるので、そういう意味でもきちんと検証した方が良いかと思う(まあ、調査報告待ちだが)。

*1: B777-200が1機多いのは8月登録のJA717Aが入っているのか。日本の旅客機2007-2008でも7月末時点でJA717Aがリストに入っているし。B767-300が1機多いのは、AirDoにリースしている機体か。
*2: 2月末時の保有が23機、4月に2機退役なので21機。やっぱり21機では無かろうか。登録抹消されているけど、まだANAが持っている?
*3: B777-200の標準的な着陸滑走距離は約1700m。もちろん、気候や高度が関係するので、単純に比較できない。コンゴニャス空港は海抜およそ800mで、日本で一番高所にある信州まつもと空港よりも150m程高い。
*4: 事故機のスラストリバーサーが不調であることは事前に分かっていた様だ。
*5: パッと思いつくのは、伊丹とか福岡か。

2007/09/04 (火)

§ Revision: 1.2 [今日の帰宅時間:0:10頃][年間累積歩数:2172424歩(1086.21Km)]

今日のをゐなり

§ もう、いくつ寝ると...
今年も、あと119日

§
昨日寝てしまって、7時頃起動。朝風呂してからビデオ消化。今朝は晴れ。

§ 朝電車
ぼけっと出勤。車内では週アスを適当に眺める。品川駅ナカの沼津魚がし鮨で買い出しをしてから出社。

§ 昼休み
食事は買ってきた鮨セット(太巻き2片、いなり2ヶ、棒寿司1片)と、買い置きの鰯缶詰と野菜ジュースで。

§ 夜休み
食事は同僚と本社の食堂でご飯、インゲンのごま和え、納豆、揚げ出し豆腐で。

§ 夜電車
ぼけっと終電3本前で帰宅。車内では週アスの残りを眺めたあと、寝てました。

今日の出来事

§ 小林ゆたか参議院議員辞職
先の参議院議員選挙で神奈川選挙区から出馬して当選した自民党の小林温(*1)議員が辞職する見通しとのこと。選挙時に出納責任者が違反をした容疑がかかっており、有罪となれば連座制で議員本人も失職するため。当選から一定期間経過後は補選を行う必要があり、そうなると与党が議席を失う可能性があるため、与党である公明党の松あきら前議員が繰り上げできるうちに辞職したのだろう。というか、今まで引き延ばしてきたのもどうかと思うが。

§ Webサイトが未知の認証局により認証されています
というダイアログがかなりの頻度で表示されるようになった。「pub.cozmixng.orgが信頼できるサイトであると確認できません」となっている。別に、そういうサイトにアクセスしていないのだけど。何がどうなってるのやら。

[リリース]今日のリリース
Norton AntiVirusウィルス定義ファイル
2007/09/03 rev.17版(#72517) 対応ウィルス数73656
Intelliigent Updaterでアップグレード
今日の1枚

§ 青鯱
青鯱
割と最近の写真から、ANAのB737-781のJA08AN。ねじの留め具が無かった機体ではないです。大きくするとぶれてるのが分かるので、あまり大きくしないで見ましょう。
B737-700はお気に入りの機体です。JALやスカイマークで採用しているB737-800型は胴体が-700型より長いのですが、-700型の方がバランス的に気に入ってます。B777も長胴型の-300型より標準の-200型の方が気に入ってます。

*1: 立候補時のポスターでは小林ゆたか

2007/09/05 (水)

§ Revision: 1.1 [今日の帰宅時間:1:00頃][年間累積歩数:2181499歩(1090.75Km)]

今日のをゐなり

§ もう、いくつ寝ると...
今年も、あと118日

§
7時50分頃起動。今朝は雨。

§ 朝電車
ぼけっと出勤。何もやる気が起きなかったので、読書もW-ZERO3もDSもしないでひたすらぼーっと(*1)。パン屋で買い出しをしてから出社。パン屋で買ったお茶がぬるかった。自販機じゃないんだから確認するべきだったな(*2)

§ 昼休み
食事は買ってきたパン2個と、買い置きの野菜ジュースと鯖缶と春雨スープで。

§ 夜休み
食事は本社の食堂でご飯、納豆、野菜炒めで。

§ 夜電車
ぼけっと終電で帰宅。所々すごい雨だったり、あまり降ってなかったり。

大規模ってなんだろう

§ なにやら「大規模ってなんだろう」ということが話題になっていたので、サラリーマンプログラマの立場から考えてみた。

§ サラリーマンプログラマにとっては、究極的には大規模=プロジェクトの費用が高いしか定義はない(*3)。ソフトウェアの嵩が大きいのも、開発プロジェクトの規模が大きいのも、利用するユーザーが多い、あるいは、少なくてもアクセス頻度が非常に高い等は、すべてコストとして跳ね返ってくる(*4)ので、結局の所は費用が高いというところに落ち着いてしまう(*5)

§ そもそも、Ruby/Rails(あるいは動的言語)が大規模に向かないと言うのは、日本人は議論が下手とか、日本人は眼鏡をかけているとか、O型の人は大雑把とか、そんな類の話だろう。一般的傾向で言えばそうなんだけど、もちろん、そうじゃない例だっていっぱいあるという程度。よって、大規模にも色々あるというのは分かる(*6)が、それを色々個別に取り上げて議論することにあまり意味がない様な気がする(*7)

§ で、自分的に「Ruby/Railsが大規模に向かない」の大規模の解釈を行ってみた。ここで言う「大規模」、「小規模」とは、本筋で作るお客さんに納品するシステム(=大規模)としてRuby/Railsは使わないが、そのための補助的なツール(=小規模)としてRuby/Railsも使う、という意味合いかなと思っている。例えば、エンドユーザーさんが使う画面はServletとかで作るけど、お客さんがメンテするための画面などはRailsで作ることも考える、とか。

§ じゃあなんで「大規模」では使わないのか。一つには、顧客の環境に標準で入っていないものを入れるのはなかなか大変であるという事情がある。これが必要なんです、それはどういう根拠があって、具体的にこんな効果があります、ということを説明して、納得してもらわなければならない。その努力に見合う確実な根拠が無ければ採用できない。今ならRubyとかオープンソースとかが知られる様になったので、いくぶん楽かもしれない。

§ また、自分の趣味のプログラムならともかく、開発したシステムは数年にわたって保守されることになる。それは必ずしも自分やその周辺が行うとは限らない(*8)。お客さんにとっても、開発会社でしか扱えない技術を使ったシステムだと、よそに保守を頼みにくくなるのでいい顔はしないかもしれない(*9)。実際、仕事上のちょっとした作業のためにRubyスクリプトを使ったことがあるが、後任者から文句を言われたことがある(*10)

§ 実業務を運用しているサーバには、できるだけ要素を増やしたくないという事情もある。ある社内システムがJavaベースで動いているとして、そのマシンで別の業務システムを立ち上げるとする。そこにRuby/Railsを入れるかというと、色々な要素を検討して、よっぽど採用することにメリットがない限りは難しいのではないだろうか。現状と同じことができますではダメで、こんなメリットがありますと言えないとダメなはず。少なくとも、運用部門はいい顔をしないだろうことは想像できる。

§ 小さなコストで大きな成果を上げる、なんてことは企業では普通に行うべき(*11)ことで、取り立てて言うことでもない(*12)。ソフトウェア規模や開発プロジェクトの規模が目標になるなんてことは通常あり得ない。リソース管理がうまくいかなくて、必要な時に人が足りないとか、いらない時に人が余ってるなんてことが起こってしまうことはあるだろうが、それはまた違う問題だろう。あるシステムを構築するのに、じゃあ今度は100人のチームで開発しよう、それに見合った機能を作り込もう、なんて会社があったら見てみたい。個人のスキルや実績として、何人のプロジェクトをマネジメントしたとか、こんだけの規模のシステムを作った、ということが語られたり選考基準になったりはするが、それもまた別の話。

§ まあ、その様な色々な事情が関わるのだけど、一言で言うと「大規模には向かない」という言い方になるのではないか。お友達でいましょう、みたいな便利な言葉なんだと思う。まあ、そういう事情を知らずに、受け売りでそう言う人も居るのだろうが。もちろん、上のようなことを乗り越えてでも、Ruby/Railsを使うことによって得られるメリットがあると判断すれば使うし、そうでもなさそうなら使わない。

§ これが、たとえばServletを使うところまでは決まっていて、Strutsを使うのか、JSFを使うのか、なんてことだと、割と自由に決められるのだけど。

[リリース]今日のリリース
Norton AntiVirusウィルス定義ファイル
2007/09/04 rev.8版(#72545) 対応ウィルス数73657
Intelliigent Updaterでアップグレード
*1: 立ってるので、寝ることもできないし。帰りの電車でなら、立ったまま意識がなかったことがあるけど。
*2: あそこのお茶がぬるかったのは初めてじゃないんだから、学習しておくべきだった。
*3: 2000万円以上は社長決済が必要になるので大規模、とか。結局はそんなところです。
*4: どのような要因で、どのくらいコストに響くのかは当然検討する。それによってどのように対処するかも考える。それで給料をもらっているのだから当たり前にする。
*5: もちろん、少数精鋭で非常に嵩の大きなシステムを構築したとかいう話は色々あるだろうが、それらは通常、ごく普通のサラリーマンプログラマにとっては雲の上の話である。多くの企業での現在の主流は、一人のスーパーマンより多くの凡人によるシステム開発なので、それを前提とすることはできない。もちろん、大事なプロジェクトなどでは相対的に優秀な人を集めて進めようとはするが、それは少数精鋭とかの話ではなく、リスク管理の話。
*6: と言うか、それを実感していない、ある程度の経験をもつサラリーマンプログラマが居るのだろうか?
*7: Ruby/Railsサイドが、その様に言われることについて何らかの具体的な対応策を検討する場でならば意味はあるのだろうが。
*8: と言うか、今後、開発した人間が保守することがあまりできなくなる。
*9: 開発会社としては、それで囲い込みを行うという選択もあるだろうが。
*10: まあ、自分だけがちょっと使うつもりでつくったので、使用方法などはメモっておいたが、中身の説明とかは残さなかったのが問題だろう。
*11: 簡単にできることでもないのだけど。
*12: と言うか、多くの会社では慢性的に人が足りないところでなんとかこなしてるのでは。

2007/09/06 (木)

§ Revision: 1.2 [今日の帰宅時間:10:30頃][年間累積歩数:2189442歩(1094.72Km)]

今日のをゐなり

§ もう、いくつ寝ると...
今年も、あと117日

§
6時50分頃起動。今朝はまだ曇り。

§ 朝電車
ぼけっと出勤。朝から会議なので若干早め。何もやる気が起きなかったので、読書もW-ZERO3もDSもしないでひたすらぼーっと(*1)。パン屋で買い出しをしてから出社。面倒くさくなると昼食をパン屋で買うのだが、ここのパンは小さくて高めなのでいまいち。でも、行きがけの駄賃で昼食が買えるのは、ここか品川駅ナカくらいしかない。

§ 昼休み
食事は買ってきたパン3個と、こんにゃくそばで。

§ 夜休み
外に食べに行く様な状況でないので、買い置きの春雨スープ、鰯缶詰、魚肉ソーセージで食事。

§ 夜電車
台風が近づいているので、ぼけっと帰宅。車内では寝てました。明日の朝は山手線以外は7割の運転になるらしい。もう、台風は通過しているんじゃないか。この前の時も、別に何の支障もなさそうなのに無意味に7割運転してたんだよな。

§ 台風・23時
23時半くらいからか、強風がさらに強くなってきた。家が揺れる。雨はそれほどでもないか。中心は伊豆半島辺りにある模様。

§ 台風・2時
さらに風が強くなった。と言っても、風速が上がったと言うより、風の強くなる間隔が詰まってきた感じ。

今日の出来事

§ iPod touch
無線LAN機能内蔵はいいけど、物理的に切り替えられるんだよね? 写真を見るとそれらしいスイッチが無いようだけど。そうすると、国内航空機内では使えないことになりかねないけど(*2)。アメリカでは無線LANがOKな航空会社もあるけど、それが主流と言うこともなかったような。まあ、コストやサイズの面で無線LANのスイッチをつけられなかったんだろうけど、機内アナウンスで「iPod touchは使用禁止です」とか流れるようになったりして(*3)

§ ANA B737-781(JA14AN)テスト飛行
Flickrにシアトルのボーイングフィールドでのテスト飛行の写真を載せてくれてる人が居るが、JA14ANの写真が掲載されていた。テスト飛行したので、今月中には日本に来るか。今回はERタイプじゃないノーマルタイプ。塗装も普通のトリトンブルー。

[リリース]今日のリリース
Norton AntiVirusウィルス定義ファイル
2007/09/04 rev.8版(#72545) 対応ウィルス数73657
Intelliigent Updaterでアップグレード
*1: 立ってるので、寝ることもできないし。帰りの電車でなら、立ったまま意識がなかったことがあるけど。
*2: 地上〜離着陸時はそもそも使えないが、無線機能が切り離せない場合は、常時使用不能となる。
*3: さすがに、商品名の名指しはないと思うけど。

2007/09/07 (金)

§ Revision: 1.1 [今日の帰宅時間:0:40頃][年間累積歩数:2198195歩(1099.10Km)]

今日のをゐなり

§ もう、いくつ寝ると...
今年も、あと116日

§
7時50分頃起動。今朝は曇り。風は強い。

§ 朝電車
ぼけっと出勤。車内ではまたやる気はなかったけど、しょうがないので交通情報にアクセス。横須賀線は大船に着くまで東海道線や京浜東北線の運休情報は一切触れないので、何も知らない人は可哀想。東海道と京浜東北のおかげで、大船ー横浜間が結構混んだのと、逗子での出発が2分遅れになったのと、横浜と品川の手前でのろのろ運転したのが今回の台風の自分への影響。会社に着いたのは通常より10分ちょっとの遅れ。面倒になったのでまたパン屋で昼食の買い出しをしてから出社。

§ 昼休み
食事は買ってきたパン3個と、買い置きの魚肉ソーセージで。考えてみれば、最近野菜が少な目だ。

§ 夜休み
外に食べに行く時間がなかったので、ビル内の自販機で適当に野菜ジュースとパンを買ってきた食事。

§ 夜電車
ぼけっと終電2本前で帰宅。車内ではW-ZERO3で暇つぶししながら帰宅。

[リリース]今日のリリース
Norton AntiVirusウィルス定義ファイル
2007/09/06 rev.9版(#72615) 対応ウィルス数73660
Intelliigent Updaterでアップグレード

2007/09/08 (土)

§ Revision: 1.4 [今日の帰宅時間:おやすみ][年間累積歩数:2217797歩(1108.90Km)]

今日のをゐなり

§ もう、いくつ寝ると...
今年も、あと115日

§
9時頃起動。もう少し前に起きていたけど、うだうだ。今日はまた飛行機に乗りに行く。

§ 羽田まで
横須賀線で逗子まで出てから、新逗子に行って京急で羽田空港まで。今日は蒲田で急行に乗り換えできたので12時過ぎに羽田到着。なんでも、泉岳寺で車両交換して遅れてたらしい。泉岳寺で3分遅れていたのを、羽田までで1分以内まで回復したらしい。
本日の羽田の滑走路使用状況は夏の代表的なパターンである南向き、離陸16R、着陸16L。第2ターミナル送迎デッキで撮影してから保安検査場通過。

§ 羽田-伊丹
最近やたらと乗っているNH25便で大阪、伊丹空港まで飛行。機材はJA703A(B777-281)。座席は右舷翼の後方。離陸後すぐは雲がかかっていて富士山は見えなかったが、そのうち雲の上に頂上だけ出てきた。
飛行機は東京湾から八景島辺りで右旋回し、三浦半島の付け根を横断して鎌倉、江ノ島、小田原と西進。富士山も頂上だけ見える状態。さらに進んで伊勢湾に到達。セントレアも見える。奈良を越えて大阪にはいると高度も下がっている。機体の落とす影が山や街を飛んでゆく。伊丹への最終進入は順調に進み、多少ゆらゆらするものの正面から32Lに進入、着地の瞬間が分からない位のスムーズな着陸だった。

§ 伊丹空港
蓬莱551でターツー麺で食事。その後、南ターミナルの送迎デッキで撮影したが、離着陸機がとぎれたようなので保安検査場を通過。

§ 伊丹-長崎
長崎行きNH167便の機材はJA8568(B767-381)で、座席は右舷後方。乗客はパッと見でB737-500でも全員窓際に座れそうと言うか、詰め込めばDHC8-Q400でも良さそうなくらい。32L滑走路から離陸して左旋回してから、右旋回して大阪湾へ。その後、雲が多くなって地上はあまり見えず。その後、中国山脈上空を西に進んでいるうちに、萩市辺りでようやく下が見えた。下関、北九州市を抜けて、福岡、長崎と進んで32滑走路へと着陸。飛行は順調で特に問題なし。

§ 長崎空港
長崎空港は大村湾に浮かぶ箕島にある。大村市とは箕島大橋でつながっている。とりあえず、橋を渡って大村市側に渡ってみた。箕島にはB滑走路、大村市側には旧大村空港だったA滑走路がある。A滑走路には小型飛行機が離着陸を行っている。
当日は端を歩いている間に2機ほどA滑走路に着陸。もう1機がB滑走路でタッチアンドゴーみたいなことを何度か繰り返してからA滑走路に着陸した。さらに、主翼が長いプロペラ機がA滑走路に着陸。B滑走路のトラフィックは少ないが、A滑走路はそこそこあるようだ。
その後、橋を空港に戻り、1回の食堂で長崎チャンポンを食べてから保安検査場を通過。

§ 長崎-羽田
羽田行きNH670便の機材はJA405A(B747-481)で、座席は右舷前方スーパーシートプレミアム。この機体は国際線機材なので、香港線のファーストシートを体験できる。羽田-長崎線は国際線ファーストクラスが体験できることで有名な路線だ。今回搭乗したJA405Aは今年中の退役が決まっており、すでに売却先も決まっているので、そのうちファーストクラスにも乗れなくなってしまうだろう。そんなわけで、無くなる前に体験してみた。
長崎空港の滑走路32を離陸し、そのまま夜間飛行。どこを飛んでいるのかよく分からない。座席は電動リクライニングで、フラットにもなる。さすがに座り心地はよい。順調に東京まで飛行し、東京湾を迂回して22滑走路に着陸。その後、第2ターミナルのスポットではなく、貨物地区の一番北側のスポットに沖止めして、バスでロビーに移動した。

§ おまけ・JA703A
伊丹空港で右エンジンカバーを開いているJA703AJA703Aの右エンジン
羽田発伊丹行ANA 25便で乗ったJA703Aだが、長崎行きに乗るときに見たら右エンジンのカバーを開けた状態で駐機していた。台座もセットされていたが、整備員は見たときには居ないようだった。これが14時40分頃。JA703Aは折り返し羽田行30便として15時発なので、そろそろ機内への案内をしなければならない時間。実際、同時刻発の長崎行きは程なく搭乗開始となった。
離陸時にスポットを見てみると、とりあえずエンジンカバーはしまっていたが、まだ駐機状態のままだった。帰宅後にANAのページで調べると、結局欠航したようだ。その後の便には欠航はないので、折り返し羽田発35便は別の機体を当てたのだろう。
整備工場でない空港でエンジンカバーを開けるというのはやっぱりトラブルでもあったのだろう。その機体に乗っていたのだから、ちょっといやな気分だ。
と言うのも、13時40分頃、伊勢湾上空辺りでコクピットらしきところからの機内アナウンスで何度か「もしもし」と繰り返した(*1)こと、その後、客室乗務員全員が機内電話で何かを聞いていたこと。おそらく、その辺りで何かトラブルがあったんではないかと予測できる。
この写真は伊丹空港の8番搭乗口付近から撮影した。送迎デッキからも撮影したが、そのときには機体の右側は見えなかったので気付かなかった。伊丹にはANAの整備工場があるので、そこでチェックをしてから羽田へ戻すのかもしれない。
ANAのB777-200型にはER型も含めて10回搭乗しているが、JA703Aは初めて。JA706Aには4回搭乗している。

*1: おそらく、客室乗務員向けの呼び出しと、機内アナウンスの操作を間違えたのだろう

2007/09/09 (日)

§ Revision: 1.1 [今日の帰宅時間:おやすみ][年間累積歩数:2221210歩(1110.61Km)]

今日のをゐなり

§ もう、いくつ寝ると...
今年も、あと114日

§
9時過ぎ起動。夕方に床屋に行ってきたり、それだけ。

今日の1枚

§ 松山空港を離陸するDHC8-Q400
松山空港を離陸するDHC8-Q400
夕方で薄暗い中での撮影。肉眼で見る限りでは十分な気もするのだが、デジカメで撮影しようとするとかなりきつい。この写真もISO100のままだが、露出補正を-0.7にして撮影。絞り優先なのでシャッタースピードはあまり意識していなかった。サムネイルで見ると気にならないが、等倍で見たりするとやっぱりぶれている。まあ、手持ち撮影なので許してください。撮影はNikon D80とDX VR 55-200/F4-5.6なので、VRの恩恵もあるだろう。なお、このあとの撮影ではますます暗くなって、ISO100では無理だったのでISO400でシャッター優先で1/30secで撮影した。

2007/09/10 (月)

§ Revision: 1.1 [今日の帰宅時間:1:20頃][年間累積歩数:2231306歩(1115.65Km)]

今日のをゐなり

§ もう、いくつ寝ると...
今年も、あと113日

§
7時30分頃起動。今朝は晴れ。少し雲が多目だけど。

§ 朝電車
ぼけっと出勤。車内ではW-ZERO3でぽつぽつと。パン屋で買い出しをしてから出社。

§ 昼休み
食事は買ってきたパン2個と、買い置きの野菜ジュースと魚肉ソーセージ、春雨スープで。

§ 夜休み
食事は同僚と本社の食堂でご飯、納豆、ほうれん草のごま和え、里芋の煮付け。

§ 夜電車
ぼけっと終電で帰宅。途中寝ていた。帰宅後、ビデオの録画予約を忘れていたことに気付いた。

[リリース]今日のリリース
Norton AntiVirusウィルス定義ファイル
2007/09/09 rev.17版(#72701) 対応ウィルス数73662
Intelliigent Updaterでアップグレード
今日の1枚

§ 松山空港に着陸するJA707A
松山空港に着陸するJA707A
昨日の写真のあとに撮影したもの。だいぶ暗くなってきたので、ISO400として、シャッタースピードは1/30secに固定。
翼の前、2個目の非常ドア付近の窓が少ないのが国際線機材の証。


Ganerated by nDiary version 0.9.4 and Ruby 1.8.2 (i386-mswin32 2004-12-25)

YAMAGUCHI,Yoshiaki / yoshiaki.y@awagumo.net
トップページ